外反母趾のB子さんの症状と治療例

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾になってしまうのは、いろいろな原因がありますが、歩き方にも外反母趾の原因があるのです

 

40代女性 B子さんは、ある日指の付け根にタコができ、そのあと痛みが出てきました。

 

前にも痛い時があり、長くは続かなかったのでそのままにしてしまい、気が付いた時は足の指が曲がっていて、自分ではどうする事もできずとても悩み、治療に来ました。

 

『Bさんの体験談』

 

この治療院で診てもらうと、かかと側に重心があり、足指が浮いたような状態になっていると診断されました。

 

これは、指に体重がかかっていないため、指の付け根に体重がかかり、タコができたり痛みが出たりするからだそうです。

 

立ったり歩行する時の足の指は、通常体重を支える事で使われますが、姿勢や歩き方が悪いと、足指が使われなくなり退化するそうです。

 

外反母趾には、このような足指を使わない事で起こってしまうこともあるらしく、この場合は、この治療院で洗練された施術をしてもらい、指を使った正しい歩き方を教えてもらい、改善をねらいました

 

また股関節の歪みが歩き方を悪くし、外反母趾を引き起こすこともあるらしいので、歪みを治す整体もしてもらい、正しい足の使い方も習いました。

 

『まとめ』

 

普段から足を観察することは余りないので、外反母趾は、痛くなってからでないと気付かれにくいです。

 

また日頃使わなくなった足指で起こる事から、足の生活習慣病とも言われています。姿勢や歩き方に関係がありますが、人それぞれに症状は違います

 

一人では解決できないことが多いので、困った時にはぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日