気軽に試せる外反母趾のセルフケア

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾になると足の親指が曲がってしまい、親指を押したり靴を履いたりすると痛みが出ることもあります

 

足の指を正しく使わない歩き方や、足に合っていない靴など原因は様々です。

 

しかし、セルフケアを実施することで外反母趾の予防につながったり、痛みなどの症状が軽減されたりすることもあります。今回は挑戦しやすいセルフケアを3つ紹介します。

 

『セルフケアの方法を3つ紹介』

 

1つ目のセルフケアは、正しい姿勢や歩き方を身につけることです。誰かが頭を上から糸で引っ張っているようなイメージで背筋を伸ばした後、軽く顎を引くと正しい姿勢がつくれます。

 

また、かかと、指の付け根、指の順に体重を移動させながら膝を軽く曲げて歩くと、足に負担のない歩き方になります。

 

2つ目は足の指や足の裏の筋力を上げることです。

 

足の指を使ってグーやパーなどじゃんけんの形をつくる遊びや、床にタオルを置き、足の指でつかんだり手繰り寄せたりするトレーニングをすれば筋力アップが期待できます。

 

同時に、スクワットなどで足全体の筋力も上げると外反母趾の予防にさらに効果的です。

 

3つ目は靴の形やサイズを見直すことです。つま先の部分に1cmくらいのスペースがあり、ヒールが5cm以内のものを選ぶなど、足の裏に負担がかからないものを選ぶのが重要です。

 

シューフィッターのいる店で、自分に合った靴を選んでもらうのも良いです。

 

『まとめ』

 

外反母趾のセルフケアを実践してみて、症状や痛みが軽くなることもあります。しかし、人によっては痛みが発生したり症状がひどくなったりすることもあるので十分注意してください

 

そのような場合には一人で治そうとせず、ぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにいらしてください。

 

一人一人に合った治療を行っているほか、外反母趾に悩んでいる方を対象とした相談も受け付けております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日