外反母趾は手術以外にも治療法がある

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾は、痛くて辛いものです。親指が人差し指の方に向かってくの字に曲がり、親指の付け根の関節が突き出て痛む症状です。

 

ハイヒールやパンプスなどが原因でなることが多く、1度なってしまうと自然に元に戻るというのは難しいものです

 

その治療というと、手術をしなければ治らないのでは、と考える人も多いようですが、手術以外の保存療法もあります。

 

『まずは保存療法を検討してみよう』

 

外反母趾の痛みは、主に、飛び出した親指の付け根が履いている靴に擦れて起こります

 

症状が進むと、その飛び出た親指の付け根を少し触るだけで痛かったり、裸足でいても指が曲がると痛みが出たりします。

 

何もしないと症状は重くなっていくので、早めに手当てをするのがオススメです。 具体的な保存療法には、靴を脱いだ状態での運動療法があります。

 

足裏の筋肉や靭帯が衰えることが外反母趾の原因のひとつなので、それを補う簡単な運動です。グーチョキパーを足で作ったり、足の指を開く体操などです

 

他には、装具療法というものもあります。痛い部分を覆うクッションやパッチを使ったり、テーピングや伸縮性のベルトをしたり、専門の足底板というものを使ったりします。

 

手術以外の保存療法は、これ以上症状が悪化しないようにする効果も期待できます

 

『まとめ』

 

外反母趾の痛みが辛いなら、手術の前に、まず保存療法を試してみるのもいいかもしれません。

 

もちろん、自分で勝手にするのではなく、専門家の指導のもとにすれば安心です。運動や装具療法に加えて、靴の選び方や履き方、普段の歩き方など生活上のアドバイスを聞くこともできます。

 

手術以外にもいろいろな治療があるのです。痛みを我慢して悩んでいるのなら、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにお気軽に相談してくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日