外反母趾は手術以外でも治せる

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾とは、足の親指が小指の方向へ大きく曲がって痛みを引き起こす症状のことです。

 

自分の足のサイズに合わない靴をはいたり、正しい方法で歩かないことが原因で起こります。

 

外反母趾は病院で手術を受けなければ治らないというイメージがありますが、実は軽度の外反母趾は手術以外の治療で症状を改善させることができます

 

『具体的な手術以外の治療方法』

 

足の親指が小指側の方に「く」の字に曲がる外反母趾は、病院での手術以外にも有効な治療方法があります。まず最も頻繁に行われるのが、足底挿板療法です。

 

これは、個々の患者の外反母趾の症状に応じて、足の筋肉を上手く使えるように足底挿板で調整する方法です。

 

足底挿板を普段履いている靴に入れる事で、体重をかけた時に足の指が広がるようにできます。その結果、外反母趾の症状が緩和していきます

 

その他にも、指の関節の神経が痛む場合には装具療法が用いられます。これは、神経の圧迫を外すことができる装具を身につけることで物理的な痛みを解除する治療方法です。

 

さらに、足の指でグー、チョキ、パーとじゃんけんを行う体操も治療に有効です。

 

『まとめ』

 

外反母趾は症状が進行するにつれて、足の指の関節部分がどんどん強く痛み出すので、大変な思いをすることになります。

 

ただ病院での手術以外にも、昨今では様々な有効な治療方法が揃えられています

 

もちろん神戸外反母趾専門センター整体院サキュレでもリハビリや歩行トレーニングなどを実施していますので、悩んでいる方はお気軽に問い合わせ下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日