そのヒールの痛み、外反母趾かもしれません

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

脚を美しく見せるハイヒールは、女性にとって一種の嗜みであると考える方もいるでしょう。

 

だからこそ、多くの女性がハイヒールを履きたい!と考えるのではないでしょうか。

 

しかし足に合わないハイヒールを履くことは、女性にとって大きな苦痛です。では足に合わないハイヒールとは?

 

考えられる理由の一つに外反母趾が挙げられます。履くのも辛い!というその痛み、もしかしたら外反母趾の症状なのかもしれません。

 

『外反母趾は見てわかる!』

 

外反母趾は足の親指付け根の関節(中足趾関節(ちゅうそくしかんせつ))が隣の人差し指側へ屈曲している状態を指します。

 

それに伴い、中足骨が外側に張り出し、中足骨に沿っている種子骨が正常な位置からズレていきます。つまり、足骨が大きく歪んでしまうのです

 

症状として、大きく張り出した親指付け根が靴やスリッパの内側・淵に当たり炎症を起こします。一歩踏み出すごとに鋭い痛みが足を襲うので、美しい歩行が困難になります。

 

単なる歩き疲れ。休息をとればすぐ回復する」と思うかもしれませんが、外反母趾は放置して良くなるものではありません

 

そのままヒールを履いていると、関節の屈曲はどんどん大きくなり、隣の人差し指に親指が乗り上げたりもぐりこんだりしてしまう場合もあります。

 

こうなると通常の歩行も困難になり、外科手術が必要になってしまうかもしれません。

 

『まとめ』

 

外反母趾を自己治療するのは至難の業です。様々なグッズが販売されていますが、一時的に症状を和らげるだけです

 

手術の場合、関節の一部を切除し、ピンを入れて矯正するので、当然数ヶ月の療養が必要とされます。その間は人ごみを避けるなど、日常生活に制限がかかります。

 

もし日常生活の中で外反母趾を治したいとお考えでしたら整体が適していると言うことができます。足の痛みでお悩みの方、ぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレへご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日