ヒールをよく履くビジネスウーマンは要注意?外反母趾の症状と予防法

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

足元をスラッと見せることでスマートな印象を演出するヒール。いまや働く女性にとって、必須のアイテムと言えるのではないでしょうか。

 

しかし、ヒールやパンプスのように、先端が細く、つま先に負担がかかる靴を履いていると、外反母趾といって、足の親指が人差し指の方に曲がり、親指の付け根が外側に飛び出す症状が現れることがあります。

 

そこで、今回は、働く女性の大敵、外反母趾の症状や予防法についてご紹介します。

 

『外反母趾の症状』

 

外反母趾は、つま先の細い靴やサイズの小さな靴を習慣的に履く人や、生まれつき偏平足な人に起こりやすい症状です。

 

足の親指が圧迫されて人差し指側に「く」の字に曲がり、付け根がこすれて痛みを生じます。 初期は、靴を脱ぐと、親指の曲がりも自力で治せ、痛みもほとんど感じません。

 

ですが、症状を放置しているとどんどん進行し、やがて親指の付け根の部分が、骨が飛び出したようになり、靴とこすれてひどい痛みを覚えるようになります

 

そして、ついには靴を履いていなくても痛みが生じるようになり、立ち歩くだけで指の変形が進むほど悪化してしまいます。

 

こうなってしまっては、自然治癒は難しく、外科手術など大掛かりな処置が必要になります

 

日頃からハイヒールやパンプスをよく履く人は、足と靴のサイズがちゃんと合っているかの確認や、運動靴を履いて過ごす日をつくるなど、足の様子の確認と、負担を減らすことを心掛けることが大切です。

 

『まとめ』

 

外反母趾は、つま先の狭い靴を履く女性がなりやすい足の症状です。 ヒールを履いて外回りするようなビジネスウーマンの人などは、特に注意が必要です。

 

重症化すると、何もしていなくても症状の進行と痛みが続き、最悪の場合、手術が必要になるケースもあります。

 

日頃から足の様子を観察し、少しでも違和感を感じたら、専門家に相談しましょう。

 

神戸外反母趾専門センター整体院サキュレでは、いつでもご相談を賜っています。お気軽にご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日