外反母趾を引き起こす因子とは

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾は、足の親指が内側へと湾曲した状態です。親指の付け根の骨が外側に突出し、痛みが生じるケースが多いです。

 

靴を履いた際、突出した骨が刺激を受け、炎症が起こる場合もあります。常に痛みを感じ、生活に支障を来す可能性をはらんでいます。

 

今回は、外反母趾の原因、予防策を講じる上で役立つ情報をピックアップしました。

 

『日頃の生活習慣が外反母趾の原因に』

 

靴が外反母趾の原因となっているケースが最多です。自身の足の形・サイズに合わない靴を着用し続けると、足の指が変形し、外反母趾が起こりやすいです。

 

足に程よくフィットし、快適に歩ける靴を選びましょう。また、靴の着用、歩行機会の減少によって足の指を動かす筋肉が減退します

 

足の靭帯や筋が緩んだ状態が継続した場合、外反母趾のリスクが高まります。

 

足元に置いたタオルを足の指の力でたぐり寄せる動作は、足底と足指の筋力を向上させる効果があり、予防策として有用です。さらに、歩行の機会を増やすことも大切です。

 

因みに、足の骨格によって外反母趾になる確率は異なります。親指が最も長く小指が最も短い方は、外反母趾になる可能性が高いです。

 

『まとめ』

 

外反母趾は、普段の何気ない生活習慣の積み重ねによって発症するケースが多いです。そのため、知らず知らずの間に症状が進行している場合もあります。

 

足裏や足の親指に違和感を抱いた際には、外反母趾を疑い、早急に治療を開始しましょう

 

神戸外反母趾専門センター整体院サキュレでは、整体やテーピングなどの東洋医学を組み合わせ、外反母趾をケアしています。

 

外反母趾の原因に応じて施術プランを考案しているので、どなた様も安心して通院できますよ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日