ハイヒールのせい?女性に多い外反母趾の原因とは

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

足の親指の付け根にある関節が肥大し、ズキズキ痛む外反母趾。女性に多くみられ、ハイヒール病とさえ言われます

 

しかし、ハイヒールを履くと、足先への負担が大きくなるのは事実ですが、全員が外反母趾になるわけではありませんよね。

 

逆に、ハイヒールを履いていないのに外反母趾になる人もいます。本当の原因はどこにあるのでしょうか?

 

ここでは、外反母趾の原因について見ていきましょう。

 

『外反母趾の原因は「足裏アーチ」の崩れ』

 

外反母趾の原因は、足裏アーチの崩れにあります。足裏アーチとは、土踏まずを中心とした足の親指の付け根と小指の付け根、かかとの3点を結ぶ三角形の部分です。

 

本来なら歩いたり走ったりした時の衝撃を、このアーチがクッションとなりやわらげます。

 

しかし、足を使わない生活で筋力が衰えると、アーチの上にある舟状骨という骨が下がり偏平足になります

 

今までアーチになっていた部分が平らになれば、足の幅が広がります。

 

この状態は開帳足ともいわれ、偏平足と開帳足が進行すると足の指の踏ん張る力が無くなるため、重心がずれ親指の付け根への負担が大きくなります

 

これが外反母趾の大きな原因になり、この状態でハイヒールを履けば、足先への負担は相当なものになってしまいます。

 

そのことから、ハイヒールは外反母趾悪化の大きな原因になりますが、根本的な原因は普段の足の使い方にあるといってもいいでしょう

 

『まとめ』

 

筋力低下による足裏アーチの崩れが、外反母趾の原因になることをご紹介しましたが、先天的な偏平足や足の親指が人差し指より長い人など、もともと外反母趾になりやすい因子を持つ人もいます

 

ハイヒールを止めて幅広の靴にしても、根本的な改善をしなければ再発のリスクが高くなります。自己流ではなかなか難しいところです。

 

どうしたらいいか分からないという方は、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにご相談くださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日