外反母趾の原因とは

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾とは、親指が人差し指側にくの字に曲がり、付け根部分が外側に飛び出した状態を指します。

 

そんな外反母趾の原因として挙げられるのが、親指にかかる負荷の大きさです。

 

では、親指に負荷をかけるようなものは、どのようなものが挙げられるのでしょうか。

 

外反母趾を予防・悪化を防ぐためには原因を少しでも避ける必要があるので、親指に負荷をかけるものが何か理解することが大切になります。

 

『親指に負荷をかける行為とは』

 

外反母趾の原因は、親指に強い負荷がかかることが挙げられます。そして親指に強い負荷がかかるかどうかは、歩き方と靴が関係しています

 

つま先や足全体で着地する場合や内股で歩いている場合、親指に強い負荷がかかります。親指に強い負荷がかかり続けると次第に変形し、外反母趾につながるのです。

 

またつま先が小さい靴を履いていると、足の指が圧迫され、外反母趾になります。

 

さらに足に合っていない靴を履いていると歩き方も崩れ、足の指や関節に強い負荷がかかるようになります。

 

そうなると親指が変形し、外反母趾につながってしまうのです。特にヒールの高い靴の場合は、靴の先が細いのに加え、足の前側に重心がかかりやすいです。

 

体重を支えるために足の指に強い負荷がかかるようになるため、さらに足の親指が変形しやすくなってしまうのです。

 

『まとめ』

 

外反母趾は親指に強い負荷がかかり続けることで起こります。そして外反母趾の原因には、誤った歩き方や靴が挙げられます

 

特に靴が足に合っていない場合、歩き方も崩れるので外反母趾になりやすいのです。 外反母趾の悪化を防ぐためには、少しでも親指にかかる負荷を少なくする必要があります。

 

もし困ったことがあれば、ぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにご相談いただけたらと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日