手術してから別の足で起こった外反母趾の改善

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

30代女性のSさんは外反母趾の手術を受けてから別の足が外反母趾になってしまって困っていると当院に相談に来て下さいました。

 

そして、拝見すると手術をした方の足もまた外反母趾になってきている状況でした。

 

そこで、このような状態になってしまった理由を理解していただいた上で、再発しないように施術の方針を説明しました。

 

『Sさんの体験談』

 

外反母趾の手術を受けて快適に歩けるようになってから間もなくして別の足が外反母趾で痛くなってしまいました

 

また手術を受けるよりも他の方法が良いのではないかと考えて神戸外反母趾専門センター整体院サキュレに相談に行きましたが、そこで発覚したのが手術をした方の足でも外反母趾が再発していたことです。

 

手術によって左右のバランスが崩れてしまい、別の足に負担がかかって外反母趾になり、それをかばっているうちに両足で発症してしまったのではないかと説明されて納得しました。

 

このような状況にならないためには左右のバランスを整えるための整体と歩行矯正が必要というのもすぐに受け入れられたので、外反母趾の施術を受けてからは整体と歩行練習のために通っています

 

『まとめ』

 

外反母趾になると左右のバランスが崩れがちですが、手術をしたときにさらにバランスが悪くなることがあります

 

それが原因で別の足も外反母趾になるのも珍しいことではありません。再発を防ぐために左右のバランスを整えるという方針を当院では取っています。

 

この対策方法にご興味のある方はぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレまでご相談下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日