外反母趾が頭痛や肩こりを引き起こす?

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾とは足の親指の付け根部分の骨が出っ張ってしまう状態のことです。

 

その原因としては足に合わない靴を履いたりまた運動不足や歩行時の姿勢が悪いまま歩くことで、親指付近に存在する骨を維持するために必要な筋肉の靭帯が伸びてしまうことです。

 

その外反母趾ですが、近年において頭痛や肩こりを引き起こす原因として注意しなければならない症状ということがわかっています。

 

『なぜ外反母趾で頭痛や肩こりが起きるのか』

 

歩行時に痛みが起きるだけとされてきた外反母趾が頭痛や肩こりを誘発するのは、やはり骨の歪みが原因として挙げられます。

 

歩行時に痛みがあると、当然ですが痛みが軽減する方法で歩くことが多くなります

 

ただ軽減する方法が個人の骨にあっていればいいですが、大半は骨の片方に異常な圧力をかけてしまいます。

 

骨に異常な圧力をかけるということは、全身の骨が圧力をかけた方向に傾いてしまうことを意味します。

 

それでは骨に密接に密着している神経を圧迫するということになり、その歪みが上半身の背骨のゆがみに直結すると頭痛や肩こりが起きるということになります。

 

そのため外反母趾は歩行時に痛みだけでなく、それが原因で後々に日常生活に支障をきたす症状を引き起こすリスクが増えてしまうのです。

 

『まとめ』

 

原因不明の頭痛や肩こりで悩んでいる人は外反母趾が原因であるので、可能性をつぶすという意味で外反母趾を治療することをお勧めします。

 

その方法の一つが神戸外反母趾専門センター整体院サキュレで行われる整体です。

 

頭痛や肩こりの原因が骨の歪みと外反母趾の骨の出っ張りなので、足裏全体でバランスをとれるように親指の関節亜脱臼の整復と骨盤の歪みや猫背の調整そして頚椎への安全整体を行います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日