外反母趾とは、原因や種類は?

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾とは先が細い靴や踵が高い靴などを長時間履くことが原因で足の親指が人差し指に向かって20度以上曲がってしまう病気です。

 

親指の付け根の関節が突き出し、靴に接触することで痛みを伴ったり、炎症が起こったりします。外反母趾の種類はいくつかあり、原因や症状により分けられます

 

今回はその外反母趾の種類について紹介していきます。

 

『外反母趾の種類はどのようなものがあるか』

 

外反母趾の種類はいくつかあり、症状や原因によって分けられます。

 

主なものは足先の横幅を支えている横中足靭帯が伸びたり、緩んだりすることで親指が小指側に曲がってしまう靭帯性外反母趾、親指の付け根の骨だけが異常に発育して出っ張り、角度的にはあまり曲がっていないものの、外見上曲がったように見えてしまう仮骨性外反母趾、靭帯性と仮骨性の2つが合併した混合性外反母趾などがあります。

 

その他にも、リウマチやヘバーデン結節などの病的要素や事故、怪我などにより発生する病変性外反母趾があります。

 

特にこの病変性外反母趾は変形が著しい、脱臼を伴う、そのまま萎縮しているなどの場合が多いです。

 

治療は基本的に保存療法が行われますが、病変性外反母趾では変形が著しいために手術が必要となる場合があります。

 

『まとめ』

 

外反母趾の種類により治療方法が異なる場合があります。

 

初めの治療には靴の指導や足の指の体操、装具着用などの保存療法が選択されることが多いですが、特に骨の変形が著しい場合や、重症化している場合などは中足骨を切断する手術療法が選択されることがあります。

 

神戸外反母趾専門センター整体院サキュレでは外反母趾に悩む方の相談を受け付けています。

 

指に痛みがありヒールが履けないなど外反母趾の症状でお困りの方はお気軽に相談にいらしてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日