外反母趾を手術を行わずに改善する方法

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾になる原因とその予防策を知っていれば手術を行わなくても改善する事ができます。まず外反母趾なる原因の1つは「ベタ足」で歩く癖が原因です。

 

主な理由な足指の筋力をあまり使っておらず筋力バランスが崩れてしまい結果親指が「くの字」に曲がってしまい、圧迫と摩擦による痛みが生じてしまいます。

 

大切なのは予防する事と改善する為の努力をすることです。手術を行わずに改善する方法と予防策をお伝えします。

 

『歩き方の改善が効果的です。』

 

外反母趾になってしまった場合手術を行わずに改善する方法がいくつかあります。

 

中でもっとも効果的かつ予防策として有効なのが「歩き方の改善」です。普段の生活において「ベタ足」で歩いている方は「つま先」で歩くイメージをして下さい。

 

そうする事により足の指で体の体重を支える事をしなければいけない為、必然的に筋力のバランスと血行の改善に期待できます

 

次にテーピングで痛みを和らげる方法があります。

 

外反母趾は足の親指が内側に向けて「くの字」に曲がり親指の付け根が突出するのですがこの際に突出した付け根が靴に擦れてしまい痛みが生じます。

 

そのため、親指と小指を外側に向くようにテーピングし突出部分を圧迫する様にテープで巻き付け矯正する事で改善を目指します。

 

『まとめ』

 

外反母趾の治療には手術を行わすに改善する方法は「歩き方の改善」です。ベタ足で歩く癖がある方はまずつま先で歩く様にしましょう。

 

熱き方を改善するだけでも大きな効果が期待できます。もし痛みが強い場合には足の親指と小指を外側に向くようにテーピングをしましょう。

 

この時に親指の突出した部分は圧迫する様にテーピングで巻き付けましょう

 

症状が重いと感じたり不安な場合にはお気軽に「神戸外反母趾専門センター整体院サキュレ」にご相談ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日