外反母趾の症状の度合いは4つに分けられる

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾の症状は足の親指が「く」の字に曲がるというもので、軽度であれば10~15度ほどの角度がつきます

 

この段階では、まだ痛みはそれほどありません。親指の角度が20度以上になってくると、靴を履いた際に外に突き出た親指が靴とこすれ痛みを生じるようになります

 

そして、外反母趾の症状は進行度合いによって4つの段階に分けられます。ここでは、それら4つの段階について詳しく見ていきましょう。

 

『一番症状が軽い「可逆期」から一番症状が重い「終末期」まで』

 

外反母趾の症状の第一段階が「可逆期」です。

 

可逆期では、足の親指が小指の方へ曲がっている状態ではあるけれど、筋肉や靭帯の伸縮性がまだ高いため、自分で足の指に力を加えると元に戻すことができます

 

第二段階の「拘縮期」では靭帯が固まり筋肉も縮こまってしまい、自分の手で力を加えても曲がった親指が元に戻らない状態になります

 

さらに症状が進んだ第三段階が「進行期」です。親指を曲げる筋肉の腱から親指の付け根の関節が外れた状態になります。

 

靴などによる圧迫を受けなくても、歩こうとするだけで親指が曲がるようになり、自然に外反母趾が進行してしまう状況が進行期の特徴です。

 

そして第四段階の「終末期」では親指が人差し指の下にもぐりこんだ状態になり、親指の付け根の関節が脱臼してしまい歩行が難しくなります。

 

ただ、関節が既に外れているため、これ以上親指が外に曲がることはなくなります

 

『まとめ』

 

外反母趾は症状の軽い順に「可逆期」「拘縮期」「進行期」「終末期」の4つの段階に大きく分けられます。

 

初期の段階では痛みもあまりありませんが、放っておくと症状は進行してしまう可能性があるので、できるだけ早く原因を取り除いてあげることが重要です。

 

もし外反母趾の症状でお悩みの方がいれば、いつでも神戸外反母趾専門センター整体院サキュレに相談してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日