実は深刻?ハイヒールやパンプスの愛用者に多い、外反母趾の症状

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

ハイヒールやパンプスなど、ヒールの高い靴やつま先が小さな靴、サイズの小さな靴を日常的に履く女性を悩ませる足の症状、それが「外反母趾」です。

 

特に女性は、つま先の狭い靴を履く機会が多いことに加え、男性に比べて筋力が弱いため、外反母趾になりやすいと言われています

 

症状が悪化すると、立ち歩くこともままならなくなるため、早めの対策が肝心です。

 

そこで、今回は、外反母趾の症状と対策をまとめました。

 

『進行するとどうなる?外反母趾の症状と対策』

 

外反母趾は、多くの場合、つま先の狭い靴を長く履き続けることで発症します。

 

指先が圧迫され、やがて親指が小指の方へ「くの字」に曲がり、その付け根が炎症を起こしてしまうのです。

 

靴の他、偏平足や肥満、筋力低下なども原因になると言われています。

 

症状の初期段階では、親指の反りが見られますが、靴を脱いだり、手で親指を元の位置に曲げてやると元通りになるため、この段階で予防や対策を行うのが理想です。

 

もっと症状が進むと、親指の付け根が炎症を起こし、靴を脱いでも元に戻らなくなります

 

その状態で長く過ごすと、もはや立ち歩くだけで自然と症状が進行し、親指の関節が脱臼、痛みで歩くこともままならなくなります。

 

ここまで悪化すると手術が必要な場合も多くなるため、日頃から自分にきちんと合ったサイズの靴を履くとか、どうしても必要な時意外は余裕のある靴で過ごす、異変を感じたら専門医に相談するなどの心がけをしておくと良いでしょう。

 

『まとめ』

 

外反母趾は悪化すると立ち歩くことすら難しくなり、日常生活への影響も大きくなります

 

治療には、最悪手術が必要になる場合もあり、早い段階から靴を見直したり、病院を受診するなど対策を心がけましょう。

 

神戸外反母趾専門センター整体院サキュレでは、外反母趾の症状を緩和するケアを行います。外反母趾にお悩みの方は、一度相談してみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日