悪化しないうちに早めの対処を!覚えておきたい外反母趾の症状

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

ハイヒール・パンプスなど、何かと細い靴を履く機会の多い女性が罹患しやすい症状に外反母趾があります。

 

軽微な段階では足の親指が内側に曲がる程度なので軽視しがちですが、放置して進行すると歩けなくなる程の痛みを生じます

 

ここでは、意外に見過ごせない外反母趾の症状の特徴を学んで、早期発見や予防に役立ててください。

 

『酷くなると歩けないほど痛い!気になる症状』

 

外反母趾となる原因は、冒頭でも触れた通り細い靴やサイズの合わない履く習慣が主体です。

 

具体的な症状としては、足の母趾(親指)が「くの字」に曲がって第2趾(人差し指)側へ極端なカーブを描き、母趾の付け根の関節が突き出て痛みを生じます

 

これを放置すれば、関節の突起部が靴にあたって炎症を起こし、歩くだけで痛むようになります

 

また、足全体がつぶれて横幅が広くなる開帳足や扁平足を併発していることも多く、これらが外反母趾の症状を強める要因となってしまいます。

 

症状がさらに進行すると、人差し指や小指の付け根にタコができてその部位も痛むようになります。

 

足の形状が変わったことにより他の箇所にも不要な負担がかかるからです

 

放置すれば、そこから親指が人差し指や中指の下に潜り込み、脱臼する恐れがあります

 

『まとめ』

 

ハイヒールなどかかとが上がって踏み込みにくい靴を履く女性はもちろん、つま先の細い革靴を履く機会の多い男性にも外反母趾の症例は増えつつあります

 

歩いていて痛んだり足の裏にタコができたりといった具体的な症状が見られる方はもちろん、靴下を脱いで足を揃えて立つと外反母趾ぎみで不安になった方もぜひ神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにお気軽におたずねください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日