外反母趾の原因~靴ではない本当の原因とは?~

こんにちは!手術なしで足の痛みを根本改善

兵庫県で唯一の専門院、神戸外反母趾専門センター整体院サキュレです。

 

外反母趾をご存知でしょうか?足の親指が小指側に向かって曲がってしまう症状で、同時に親指の付け根の骨がポコッと出っ張っているのが代表的な見た目の特徴です。

 

この外反母趾ですが、原因となるものはハイヒールなど先の細くなった靴にあると多くの人が思っているのではないでしょうか。しかし、本当の外反母趾の原因はそうではありません

 

ここでは正しい原因を知って、外反母趾を予防改善しましょう

 

『原因は靴ではなく足の使い方に合った!~外反母趾の本当の原因~』

 

先にも触れたように、外反母趾の原因は先の細くなった靴だと多くの方が思っているでしょう。

 

しかし、本当の原因はそうではありません。スニーカーを履いていても、小学生でも男性でも、外反母趾にはなり得ます。

 

なぜならば、外反母趾の本当の原因は靴ではなく足の使い方にあるからです。歩き方にあると言っても良いかもしれません。

 

歩く際に足裏全体で着地し、足指の付け根で体重を支えてしまうような、いわゆるペタペタ歩きが外反母趾の原因となります。

 

正しい歩き方は踵から着地し、しっかりと足指で体重を支えながら蹴り出すような歩き方です。 このような歩き方をしていれば足裏のアーチも崩れにくく、外反母趾を予防出来ます

 

歩くことは確かに足の筋力を鍛えてアーチを崩れにくくし、ひいては外反母趾など足のトラブルを予防改善出来るのですが、歩き方が悪いと逆に外反母趾を進行させることにもなりかねませんので要注意です。

 

『まとめ』

 

これまで外反母趾の原因は靴ばかりのように思われてきましたが、結局は足指の使い方、歩き方にあるのですね

 

ただ、歩き方を改善しようとしても、長年の癖である歩き方はなかなか直すことも難しく、痛みが激しくてそもそも歩くことすら億劫という場合もあるかと思います。

 

そのような時には何時でも神戸外反母趾専門センター整体院サキュレにご相談ください。

 

外反母趾そのものの治療だけではなく、外反母趾から派生した腰痛など、総合的に診療します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日