外反母趾で親指が人指し指にまで入り込んでしまうと◯◯が危険!?

こんにちは。尼崎市整骨院サキュレの谷 卓弥です。  

 

 

今回のテーマは

『人指し指にまで親指が入り込んでしまうと◯◯が危険!?』

 

 

もし、あなたが   

 

外反母趾の角度が曲がり過ぎて親指が人差し指まできてしまっている。  

☑人差し指が浮いてしまい、その部分が赤くなって痛い。  

☑良くしようとして5本指のソックスなど色々グッズを使用したが効果がなかった  

☑外反母趾が進行してから足の踏ん張りが弱くなり、最近歩いててもすぐつまずく  

☑もう、外反母趾の形がひどすぎて合う靴がなくなってきている 

 

 

この中で、1つでも当てはまる方は最後まで読んでみてください。  

 

 

今回「患者さんの声・口コミ」をくれたOさん。
そのOさんもそのうちの1人。  

 

親指が人指し指の下にまできてしまうまで外反母趾の角度がひどくなってしまったとのこと

初めて来られた時はこんな感じでした。

でも、もちろん最初はこんなにひどくなかったんです。

 

このOさんも「まさか自分がこのような足になるなんて思ってもいなかった」と困惑されていました。

 

でも、なぜこの状態までほっていてたのかと聞くと  

 

『私、外反母趾の痛みが少ししかないんです・・・。痛いけど我慢出来る程度。だから、普通に日常生活送れてれていたんです。』 

 

こんなに角度が曲がっているのにそんなに痛くないの??

と、思いますよね? 

 

私はこんなに曲がっていないけど、かなり痛いわ・・・。

そんな人もいます。         

 

 

そう!実は、外反母趾は角度によって痛みが比例している訳ではないんです。 

 

じゃ、痛みがなければ角度がひどくても良いのでは・・・? 

と、思う人もいるかもしれませんが外反母趾をほっておくとどうなるか意識したことありますか?? 

 

 

答えは 

『歩けなくなってしまう』です。 

 

 

またまた。まあ私は関係ないわ。まだ、大丈夫やし! 

てか、どうせ脅しやろ? 

 

 

僕のこの記事を読んでもそう感じている人も何人かは絶対にいてるとおもう・・・。

 

でも、なんで僕がこんなにもしつこく言っているかというと・・・  

 

 

僕は毎月100件以上の外反母趾の症例をみている。

これは、僕らの業界ではかなり多い。 

と、いうより日本でこんなに見ている人はいないと思う。 

 

だから、僕はかなりの外反母趾の症例を見てきた反面・・・

 

外反母趾のせいで本当に歩けなくなった人を多く見てきているからなんです。 

 

 

じゃ、歩けなくなる理由は・・・?

と、聞かれると・・・  

 

 

外反母趾になっているあなたは、はじめの頃と比べて少しずつ外反母趾の角度がひどくなってきてませんか??

 

そう。外反母趾は進行性なんです。 

だから、本当は進行する前に見せてほしいです。(笑) 

 

 

でも、この進行していくのをほっておくと外反母趾の角度が段々ひどくなりすぎて 

親指が人指し指に入り込んでしまう。

 

入り込んでしまうと親指のせいで人指し指がぽこんと外れるような足の形になってしまう。 

 

だから、人指し指は浮いてしまい「浮指」と言われる足になってしまう。 

僕の患者さんはこの人指し指が靴にすれて痛いって言う人が多い。

 

この状態になってしまうと、歩く時に最後5本の指を使って人間は歩くが入り過ぎて浮いてしまうことにより、4本の指でしか歩くことが出来ない。 

 

そうなると、バランスが不安定になってしまいふらつきが出てしまう。

      ↓ 

ふらつきが出てしまうと転倒の恐れが出る

      ↓  

歩くのが怖くなり歩数が少なくなる 

      ↓  

筋力が低下してしまう。 

      ↓ 

自分の動きたい動作が思うように出来ない。
歩けない。 

 

こんな流れが出来てしまうんです。

 

おそらく、ほとんどの方は外反母趾をほっておくとこのような状況になるなんて思っていなかったと思います。

 

ただ、放置しておくと

自分の好きなスポーツや旅行ができなくなったり、
将来思ったより早く子供に介護してもらわないといけない事になるかもしれない・・・。

 

そうなって後悔する前に出来るだけ早く連絡してほしい。

 

なぜかというと単純に何か好きなことをしていないなら良いけど、したいのに出来ない・・・

 

僕はそんな事にならないように何とかしてあげたいと思っているから。

 

 

これはOさんが書いてくれた患者さんの声です。

Oさんありがとうございます。

 

1:受診直前に、長距離を自転車で3時間往復した翌日から腰痛になり、起床時に立ち上がるまでに10分~20分かかっていた。 

2:夏場に素足で家の中に居る時、歩くと足裏のつけ根辺りが痛みを伴っていた。 

      ↓

それがストレッチを教えて頂くようになりやがて、1・2は解消。 

 

3:歩き方を指導して頂き、歩く事に少し自信が持てるようになり、身体のバランスがよくなり、安定感を保てるようになった。 

【実際、長距離(東京、四国、山陰等)を新幹線で移動の際は以前は転倒への不安があり、実際駅近くと室内で1回ずつ転倒した事あり】 

 

4:趣味の歌においても、ステージ発表会で高音、低音共に楽に発声できるようになり、ピアノの伴奏の音にも、より集中できるようになった。気づくと身体が力んでいない。 

 

5:本来、高血圧(200前後)薬一切飲まない→自然に170台になっていた。 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日