外反母趾 靴選びのポイント 悪化させないための靴選び 神戸外反母趾センターサキュレ

今日も外反母趾をよくしていくための情報をどんどんお伝えしていきます。神戸と武庫之荘で外反母趾専門院をやっています、神戸外反母趾センター炎のストッパー芳郎です。外反母趾のケアをせずにそのままにしていると歩くのも嫌になり、日常生活にも支障をきたします。そこで、今回は外反母趾を悪化させないための靴選びのポイントをご紹介いたします! 

お問い合わせ

メール予約施術料金アクセス電話予約

靴選びってどうしたらいいの

普段はいている靴を選ぶのはどんな基準で選んでいますか?色や形やデザインなど様々だと思います。その選ぶ基準がすでに間違っていて外反母趾を促しているとしたらどうですか!?

自分の靴選びに自信が持てる!そんなお話をさせていただきます。

外反母趾に必要な靴

理想は、ヒールが低く足の負担が軽いものがいいですね。また、横アーチをサポートする機能がついているもの。つま先にゆとりがあり圧迫しないもの。外反母趾予備軍の方は、足の幅が少し広めな場合があるため、つま先が圧迫しにくいものなど、つま先にゆとりがある靴がおすすめです。また、柔らかな素材やクッション性が高いものも負担を軽減できます。ヒール高が3cm程度の靴を選び、前後のバランスがとれると外反母趾の原因となる開張足を予防できます。また、足の甲のところで調節できるような靴もお勧めです。

 

TPOに合わせた靴選び

お仕事でも、普段でも特に女性の方は一つの靴ですべてカバーするのではなく、用途に合わせて靴を選ぶことが大切です。お休みの日に歩くのであればスニーカーを履いてみたり、スポーツには種類にあった運動靴を履くなど場面に合わせて靴をはき分けることが大切です。パーティーやデートでどうしてもヒールを履かなければいけない時にはその場で履き替えられるように替えのものを準備しておくなどもいいかもしれません。

 

合わない靴を履く事での体への変化

自分の足に合わない靴を履き続けると、足はもちろん、体の様々な箇所に痛みが生じることがあります。
体のバランスが崩れると筋肉がうまく働かず歩き方がうまく出来ない、姿勢が悪くなる膝痛や腰痛の原因になりうることがあります。足は血液循環のポンプのような役割をはたしているので、血行不良やむくみ、足の疲れや、運動機能が低下する恐れがあります。
自分の足に合った靴を履くことは、健康のためにもとても大切なことです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日