傷み始めた外反母趾にはランニングシューズ!?

暑くてムシムシしているといえば?どこの国でしょう!

それはタイですよ! この時期にタイ料理を食べると本当のおいしさが分かるはず…ということで 昨日はランチに塚口駅近くのタイ料理を食べてきました。

Eye-catch-ayutthaya

店員さんはとっても愛想のいいタイ人女性で「サーディクラップ」(こんにちは)と手を合わせて、かわいらしい感じでした(*‘ω‘ *)

料理もきれいに盛り付けて旨くて辛くて、アジアを味わえましたよ!

興味のある方は行ってみてくださいね!
タイ料理専門店 プロォーイ タイ  

 

毎度どうも、外反母趾専門治療家の谷です。

今日も臨床報告を行っていきます。

 

西宮市から起こしの、50代男性のT.Kさんについてです。

ご来院までの経緯

物心ついたころから偏平足(土踏まずがない状態)が続いていた。

指も外反母趾だったが痛みなどはなく、3か月前から突然親指の痛みが出始め歩行が困難になってきた。
ということでした。

検査と状態

偏平足が両足にあり、左足親指が地面から完全に浮いた状態でした。

指の力も左足が極端に少ないじょうたい、典型的な指を使わないタイプの外反母趾でした。

親指の付け根から指先にかけてと、脛の前面の筋肉に圧通が見られ、恐らく前脛骨筋(つま先を持ち上げる筋肉)を傷めている可能性が高かったです。

施術の経過

1回目、2回目と施術をするたびに圧通が消え、3回目の施術からは足はかなり良い状態になりました。

しかし、それでも歩行の際の痛みは感じるということでした。

恐らく痛み自体もかなり軽減されているはずですが、T.Kさんは変化を感じられずにいました。

 

4回目の施術時に注文していた「ランニングシューズ」が届きました。

歩行時の痛みは、歩き方等が悪いのですが、指導してもなかなか改善しない場合があります。

このランニングシューズを履くことで、痛みがなくなったり、歩行がうまくなる人が大勢いるので、すすめています。

 

5回目の施術時では、歩くときに痛みが出るものの、歩行がかなり改善できたイメージを持たれていました。 まだ、傷んではおられますが、次第に痛みも消えていくのではないかと期待しています。

考察

T.Kさんは、ウォーキングシューズを常時使っていたようですが、決して悪いものではないのですが、若干の問題点があるようです。

 

足底の分厚さにより足自体の感覚が薄れ、さらに靴の横をホールドしているため足の自由が失われがちです。
外反母趾の方にランニングシューズを勧めている最大の理由は、足の転がるイメージを掴みやすいためです。

 

ランニングシューズは長距離走の選手に使われますが、運動力学を研究していて、疲れずに足を運べるように誘導してくれます。それが転がる脚です。

素材は非常に柔らかく、軽い、さらにクッション性にも優れています。 おすすめですよ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日