【必見!】外反母趾を改善する「3つのアーチ」とは?

皆さんこんにちは。

テーピングやサポーターなど色々試したけど、一時しのぎにしかならず

外反母趾で困っている方の『最後の砦』

 

神戸外反母趾センター サキュレ

(自称)外反王子こと加納芳郎です!

 

th_2014.2.11-134

 

 

あなたは『アーチ』って聞いたことありますか?

今日はアーチについてのお話をしていきますね。

ん?

なぜかって?

 

それは・・・

『アーチ』は外反母趾を改善するためにも非常に重要なものだから!!

 

 

pict_foot02

 

親指の付け根、小指の付け根、かかと、の3点で体重が均等に踏めるのが理想です。

この3点をつないだ所に程よいアーチを作っています。

 

まずは、この3つあるアーチを紹介しますね。

 

 

① 横アーチ

親指と小指をつないだ指の付け根の「横ア-チ」は、

歩くたびに関節が当って痛くないようにアーチで盛り上げている所です。

このアーチは「横足弓」ともいい、

外反母趾をひき起こしてしまう1番の要因となります。

 

 

32-4

 

 

このアーチが崩れる原因は

「体重が前にかかりすぎ靭帯がゆるんでしまうから」

なんです。

 

横アーチの崩れによるトラブルとしては

足の骨が横方向に扇のように広がってしまう『開帳足』になります。

case_ashi02_img003

 

そのため靴のサイズは合うのに、横幅が合わなくなってきます。

 

 

 ② 内側縦アーチ

このアーチは「縦足弓」ともいい、一般的には、『土踏まず』と言われるところです。

親指とかかとをつなげている所で「内側縦アーチ」と呼ばれます。

このアーチがなくなった状態が、よく耳にしたことがある『偏平足』と呼ばれるものです。

そうなると外反母趾になりやすい状態になってしまいます。

 

 

image (1)

 

 

ただ、皆さんにここで朗報です!

このアーチは筋肉や靭帯で支えているものなので、

運動で改善しやすいアーチです。

 

地面に置いたタオルを指だけで引きよせていく運動などが有名ですね。

 

 

E382BFE382AAE383ABE382AEE383A3E382B6E383BC

 

 

運動は、積み重ねれば積み重ねるだけ成果がでます。

どんどん運動していきましょう!!

 

もちろん、その他の神戸外反母趾センターサキュレのオリジナル運動法も

これからどんどんお伝えしていきますのでお楽しみに!

 

 ③ 外側縦アーチ

小指からかかとをつないだ「外側縦アーチ」と呼ばれるところは

外側に倒れ込まないようにアーチで支えています。

 

このアーチはこれまでの2つのアーチと違い

骨で支えているアーチです。

 

image

 

私の経験から言うと、外反母趾の方は

このアーチを上手く使えていないという方が多いです。

 

外反母趾を改善していくには

この部分を正しく使えるようになることが大事になってきます。

 

この3本のアーチが程よい弓状をしていることが大切なのです。

 

 

201402110127158cd

 

 

程よいアーチを形成している事により・・・

 

1.クッション機能  →  衝撃を吸収し疲れを予防します。

2.ポンプ機能    →  血行を促進し、むくみ、冷えを予防します。

 

足裏のアーチが崩れると、まず足・脚が疲れやすく、むくみやすくなるのです。

外反母趾の人はこのアーチがつぶれている人がほとんどなんです。

 

逆に言うと、

このアーチを整えると必ず改善されていくという事ですね。

 

3軒以上通ったけど良くならなかった肩こり・腰痛

そして外反母趾の専門院

☆神戸外反母趾センター 整骨院サキュレ

 

全員③

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日