大丈夫?あなたの「はいそくこっかんきん」!?

fukatani

 

今日もよろしくお願いします。

外反母趾専門施術担当の深谷直斗です。  

前回のブログでは外反母趾の原因をご紹介しました。  

外反母趾は何が原因か覚えていますか?   そうです!

「習慣」

ですね!!ありがとうございます。  

 

わからなかった人はさきにこちらを見てください。 ⇨ 『外反母趾は足の生活習慣病?!』  

もう見た!という人は 今回は外反母趾の足の中身を見ていきます。

 

いったいどうなってるんでしょう?

悪いところが分かると、それを良くするイメージができます。  

筋肉トレも、どの筋肉を鍛えるかをイメージできると筋肉の成長スピードが比較にならないほど早くなります!  

外反母趾 も一緒です!  

 

それではここからが本編スタートです!

まず、外反母趾を治すために重要なのは?

・・・  

そう!「アーチ」です!

分からない人はこちらを読んでからどうぞ、  

 

アーチは外反母趾の核心です。

今日は3つあるアーチの1つ 『横アーチ』が無くなった場合に起こってしまう

「開帳足」

についてです。

 

本来足の骨は、筋肉によって引き締められ アーチが保たれています。  

そして、足の筋肉が退化すると… このように足が横に広がっていきます  

 

足の幅  

 

そして 足が横に広がっていくのを止めようとして、 親指を止めようと筋肉がひっぱります…

 

 

親指曲がる  

 

これで外反母趾になっているんですね。

 

では、この足が広がらないようにするにはどうすればいいのでしょう?

ここで重要なのが

「背側骨間筋」

 はいそくこっかんきん!!です。

 

 

  背側骨間筋  

 

やっとタイトルの本題にたどり着きましたね(^^♪

ここまで読んでくれてありがとうございます。    

 

足の甲にある、骨の間の筋肉で 骨同士を引き締めるための筋肉です。

この筋肉が弱くなると、足が横に広がっていき、靭帯も伸びていきます。

これが『開帳足』です。    

こうなってしまうと、スプリング機能もなくなり、衝撃を吸収できず、 歩くたびにダメージを受けている状態になります(*_*)  

 

足にタコとかできていませんか?

もしかすると「開帳足」が原因かも

他にも  

①モートン病 これはアーチが崩れることで、神経圧迫され、 足の裏の赤い部分の感覚が無くなったり、しびれたりします。

 

 

  モートン病

 

  ②内反小趾 親指ではなく小指に負担がかかり 曲がってしまうものです  

 

内反小趾  

 

③場合によっては骨折してしまうケースも…  

 

背側骨間筋の大切さ、分かって頂けましたか?

でも、足の背側骨間筋を鍛えろと言われても、どうすればいいの?

と思われるかもしれません。  

心配いりませんよ。  

この背側骨間筋は、それぞれの指の根元の筋肉です。

 

簡単に言えば、

つまり指を鍛えればいい!

という事です。  

 

では次回に、この指を鍛える運動をお伝えしていきますよ!  

使うものは「ゴルフボール」です!

購入しておいてくださいね!  

それでは次回お楽しみに!!  

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日