退化を止める!足が目覚める運動!

  IMG_0845

 

こんにちは!

外反母趾専門施術担当の深谷直斗です。  

前回、外反母趾の核心、足のアーチに触れましたね。  

 

今日はそのアーチを作る  

 

「背側骨間筋」

はいそくこっかんきん

 

のトレーニングです。  

それ何!?て思われた方はこちらをまずお読みください。

今日ご紹介するのは、   ゴルフボールを使った  

 

「足が蘇る運動」です!!

 必要なものは  

ゴルフボール

買っていただいてますか?

え?そんなの持ってない…というあなたは 買ってください!  

 

はじめる前に注意事項です。

この運動はゴルフボールを使うので、

フローリングや畳の上でやったらダメです。

ボロボロになってしまうので…|д゚)  

絨毯の上とか、マットを敷いてやればOK!( `―´)ノ  

 

ではいきます!

 

  足の裏_R

 

ユウセン:足の横アーチの真下にあるつぼ

シツミン:足全体の血行をよくするツボ    

 

まずは、椅子に座って、姿勢を正して  

①ユウセンでゴルフボールにの乗り、思っきりグーをして下さい。

 

グー関節

 

できない場合、手で足を握って一緒にグーしましょう。  

②そのまま、足の裏でゴロゴロします。  

③次は小指側でゴロゴロします

 

小指側ゴロゴロ2

 

ここが痛ければ、しっかりほぐしましょう。

④シツミンでゴロゴロです。

 

シツミン

 

※ここは、冷え性にも効果が有り、足の血行をよくしてくれます。  

⑤小指で思い切りゴルフボールをつかみます!

 

小指掴

 

⑥次は、中指で思い切りつかみます

 

中指掴  

 

⑦最後は親指で掴みます。

 

親指掴

 

足のフォークボール!?  

⑧反対側の足でも同じようにしていきます!  

 

ポイント

 

☑ ①~⑦を座って、正しい姿勢で行いましょう。

☑ 全部目をつむってやります。

※目をつむることで、足の感覚が鋭くなり効果倍増!

☑すべての動作は、力強く思い切りやるようにしましょう。

※器用になるだけじゃダメで、体重を支える力持ちの指が欲しいのです!

☑ お風呂上がりにやるのが一番効果的です。

※眠ってる間に今日やったことが足に定着します。  

 

では最後に、もう1つ! というかこれが一番強烈に効きます。  

①壁に両手をついて、

②ユウセンにゴルフボールをセットし

③上にのります!

④最後にグー!思いきりです!

 

ユウセン乗る

 

痛いですよね!  

でも   投げ出さずに、習慣にしてください!

やれば必ず効果は出ます。

僕も、最近やってるんですが、 足の指の感覚が断然よくなってきてますよ!!(^^)!  

 

実はこの

 足の指の感覚

というものがとっても大切です。  

 

200年前は日本に外反母趾なんてほぼなかったんです。

それは日本人が靴を履いてなかったからですね。  

靴を履くことで、指の自由が無くなり、 足がどんどん退化していったんです(゜-゜)  

 

原住民族の人なんか、裸足でジャングル歩くので、 外反母趾にはほとんどならないですね。  

だから今の日本人、全員の足が退化しています。

あなただけではないんですよ!  

みんな退化してます(-_-;)

この運動ができなくても、諦めないでください。  

 

足が先天的に無い人は、足の指で箸も持てるし、小銭も足の指で支払います。

手を失った画家は 足で、人を感動させる絵をかけます。  

人は必要になれば、信じられないことが出来るんです!  

やれば必ず出来るようになるので、 頑張りましょう!

 

fukatani

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日