岡山県から変形と痛みでつらい外反母趾をどうにかしたいと来店されたYさん

どうも、外反母趾専門整体専門施術家の深谷です。

 

ご来院までの経緯

今回は遠く岡山から来ていただいた方で、50代女性です。

Y.Sさん 7年前から外反母趾に気づき、そこまで痛みが出ていなかったの放置していました。

2年前から変形が目立ってきたのもあり、インソール、靴などで対応したけども、改善が見られなかったようです。

2週間前から、突然何をしていても痛みが出るようになり、寝るときもジンジンと寝れない日が出てきたので、今回ご来院いただきました。

 

検査

検査したところ、「浮指」が出ていました。

これは指を使わないことで、足の指が上に上がってくる異常です。

足の裏にはタコがあり、指で歩行の衝撃を吸収できずにいました。

人差し指と中指の間に神経のコブができ、モートン病になりかけていました。

これは靴の中で足が前滑りするためです。

 

施術

施術はダメージを受けている指の関節を一つ一つ動かしました。

股関節、膝、足首がねじれていたので調整を行いました。

足底腱膜(足の裏の靭帯や筋肉の組織)が非常に硬くなり、アーチを固定していたので緩めていきました。

アーチを作る骨を一つ一つ動きをつけ機能させていきました。

 


変化

2016-05-12 11.22.452016-05-12 11.47.47

治療前                   治療後

筋肉の緊張が取れ、親指の曲がりやねじれが少なくなりました。

 


2016-05-12 11.28.522016-05-12 11.46.49

治療前                   治療後

 

固まっていたアーチの骨を動かすこと、足底腱膜の緊張を取ったことで指がこのように動くようになりました。

 

初回の治療ではいい効果が出ました。

次回、Y.Sさんがどのように変化していくかをご報告していきます!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日