施術5回目、改善と停滞の狭間の努力

どうも、外反母趾専門施術家の深谷です。

臨床報告をしていきます。  

岡山県浅口市在住の50代女性Tさんです。

 

症状とご来院までの経緯

30年前からヒールを履き続けて痛みが出てきました。

現在は普通の靴でも、左足の裏が特に痛み、あと両親指も痛みということです。

足底腱膜炎にもなりお困りのようでした。

病院に行くも、「何もしてくれなかった」と嘆いておられました。

「おしゃれな靴が履きたい」という想いで岡山から来られたということです。  

 

検査と状態

左足のアーチがひどく低下していて、歩くたびに指の付け根の骨が地面にたたかれるような状態でした。

さらに、長年ヒールを履いていたようで、親指の付け根が非常に過敏になっていて、指で触れるだけでも嫌な感覚、痛み、にさいなまれていました。

右足は親指の曲がりがひどくなりつつあり、人差し指に乗り上げようとしていました。

足指の筋力、器用さともに悪く、足が退化したような状態でした。  

 

施術5回目

今日は5回目の施術を受けに岡山からやってきていただいたのですが、 ようやく「左足の裏の痛みがまし」とのご報告をいただきました。

これは、アーチを何度も作る施術と、日々の運動によりもたらされたものです。

しかし、親指の付け根の痛みは施術をするごとに良くなるのですが、いまだ良い状態が定着していません。
この場合、足の内側全体の筋肉の膜の緊張により、親指がゆがんでくることが考えられます。

そして、お尻に筋肉不足により、股関節と膝との関係性が保てなくなり、膝から下が内回りにねじれていることが考えられます。

T.Mさんには、股関節のストレッチと、お尻を引き締めるエクササイズも頑張っていただくようにお伝えしました。  

次回の施術がどうなっているか、またご報告させていただこうと思っております。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日