外反母趾と冷え性・むくみは、深〜い関係!?

その冷え性、末端にあり?!

 

老若男女問わず、冷え性に悩まされる方は年々増え続けています。

冬は勿論のこと、夏でもエアコンの冷房が完備された環境にいると、最悪の場合一年中冷え性だという方もいらっしゃるかもしれません。

お腹や腰、足の裏などにカイロを貼ったり、温かい飲み物を飲んだり、お風呂に浸かったり・・・

一時的には解消されても、何かをし続けないと結局冷えてしまう。

冷え性対策をしているだけでストレスになっている場合も多いのではないでしょうか。

それらの冷え性対策、根本的解決になっていないとしたらガッカリしませんか?

実は、足のケアをすることで改善される冷え性もあるのです。

足は第二の心臓と呼ばれるほどあらゆるツボが存在しているのと同時に、人間の体の全体重を支えている場所でもあります。この足の先端に冷え性を改善するポイントがあります。

足湯に浸かるだけで全身が温まるのは、考えてみると不思議な状態です。

ということは、足の血流が滞らないようになれば、自ずと冷え性は改善される関係にあるといことでもあります。

そこで早めに解決をしたいのが外反母趾なのです。

d782eef3711d653f34732586c8f1c7c7_s

 

冷え性が原因で起こるトラブル

 

①風邪をひきやすい

 

体温が1度下がるだけでも、人間の免疫力は著しく低下します。免疫力が低下すると、風邪をひきやすくなったり、ちょっとした炎症が治りにくくなったり、様々な病気を併発するようになります。
免疫力の少ない幼児が風邪をひいた時に、中耳炎や副鼻腔炎、結膜炎などを併発するのと同じ状態です。

 

②胃腸やその他の内臓の不調

 

人間の消化酵素は約37度で一番活動的に働くことがてきます。
消化酵素が十分に働くことができないと、胃で食べ物が消化されず、消化されなかったものが腸で吸収しきれず、全身の臓器に負担をかけることになります。
また、十分な栄養を吸収できないと体は飢餓状態と判断し、少しの栄養を全て溜め込もうとします。年中冬眠をしているような状態になってしまうのです。
痩せにくい、むくみやすいという方の多くは体の中でこのようなサイクルが行われていると考えられます。

 

③月経痛・月経不順・不妊

 

全身の血流が悪くなれば、当然骨盤の周りの血流も悪化します。骨盤の周りの血流が悪くなると、子宮へきちんと血液が届けられず滞った状態となり、月経痛を重たく感じるようになります。
同じように卵巣への血流が悪化すると、卵巣の機能が十分に働かなくなり、子宮や卵巣の正常な働きが望めず不妊へと繋がる可能性もあるのです。

 

④肌荒れ・クマ・くすみ

 

首から上の血流が悪化すると、十分な栄養が行き届かなくなり、新陳代謝が正常に行われなくなってしまします。そうなると、顔色のくすみ、乾燥肌や敏感肌などのトラブルも引き起こします。
目の下のクマは顔の血流が原因のものもあれば内臓の不調が原因のものもあり、全身の血行が良くなれば改善されることもある症状の一つです。

 

⑤頭痛・肩こり

 

冷え性になるとどうしても姿勢が前かがみになってしまうので、首や肩の周りの筋肉が凝り固まってしまします。筋肉が固まるとその周りで血行不良となり、痛みの原因となるのです。
冷え性から頭痛・肩こりになり、その姿勢からさらに血行不良となり冷え性が悪化する悪循環が起こり得るのです。

 

pak160130080i9a6687_tp_v

 

 

外反母趾の足の状態

 

外反母趾には、足の親指が付け根から小指の方向に湾曲しているものや、湾曲していなくても骨が飛び出ているもの、または足の指全体が着地しないハンマートゥーなど様々な症状があります。それらに共通して言えるのは、足の指先全体を使って歩くことや立つことができていないということです。

足の指先全体を使っていないと末端の神経まで刺激が伝わらず、徐々に劣化していきます。この状態が長く続くことで足の冷えが助長されるのです。

そして外反母趾になると、踵・親指・小指の3点のアーチがバランスよく体重の衝撃を受け止めきれず、足首やふくらはぎにまで負担がかかります。ふくらはぎは全身へ血流を送るポンプの役割を担っているため、本来の役割以上の負担がかかると筋肉が張った状態が続いてその周りで血流が悪化します。足が浮腫んでいる場合はこのサイクルが起こっていることが多いため、ふくらはぎのマッサージをしただけでは根本的な解決にはなりません。

ふくらはぎを浮腫んだままにしておくと、O脚が悪化して足の外側に体重がかかってしまい膝を痛める、膝に水が溜まるなどの日常生活に支障を来すような症状を併発します。

そういう方の多くは膝の痛みにより十分な運動をすることが困難になり、体重が増加してしまい、膝への負担がさらに増える傾向にあるのです。

膝をかばうように歩いていると、股関節と骨盤のバランスが崩れて、最終的には腰へと悪影響を及ぼします。足の先のトラブルがやがては腰、そして全身の不調へと繋がっていくのです。

この状態で無理をしていると、骨格だけでなく内臓にも影響が出てくるので、原因不明の不定愁訴など自力では解決できないような問題に広がっていくことが懸念されます。

 

90cfab895e63988a77af6b3619b6990f_s

 

外反母趾を改善して冷え性を克服!

 

外反母趾の治療は症状によって方法が異なります。

骨を削らなければならない手術を要するものから、サポ ーターによる保存で改善するもの、骨格を整えてものなどがあります。

ただし、放置しておいても良くなることはありません。

闇雲にセルフケアをして悪化することもあります。

また、外反母趾の治療を受けてからも歩き方や立ち方、適切なストレッチなどのトレーニングをしていないと再発することもあります。

そうならにようにするために、身長に均整の取れた体重を維持することや、足に合った靴を選ぶことなどが必要不可欠になります。

早めに治療を受け、健康な足の状態を維持するのは、かなりの労力と気力が必要になるのは確かです。

ojs_imakaraarukidasou_tp_v

 

 

 

 

しかし、外反母趾を改善することにより得られる効果は計り知れません。

どんなに温めても、末端まで血流が滞りなく流れていなければ全身の血流が悪くなるように、外反母趾を治したら冷え症だけでなく肥満や肩こり、腰痛まで良くなったという方はたくさんいらっしゃいます。
渋滞している道路にどれだけ車が押し寄せても、渋滞が解消されることはありません。同じように、血流は体のどの部分で滞っても不調を来すようにできているのです。

 

自分の足は外反母趾になっているかもしれない・・・

痛みはあるけれども生活できないほどではない・・・

気になる方は早めに専門家の適切な診断を仰ぎましょう。

 

今抱えているストレスから解放される糸口が見つかるのではないでしょうか。

外反母趾について気になる方は、HPをご覧ください。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
著者:
手術なし手技のみで改善させる外反母趾のエキスパート 加納 芳郎
所持資格:
柔整師、鍼灸師、民間資格多数

自身の原因不明の不調を整体師の先生に救ってもらった経験から治療家の道へ。臨床を積むうちに何をしても繰り返す腰痛や肩こりで悩む人の共通点が足のトラブルだと気づき足の研究を始める。 その後43000人以上の施術経験をつみ阪急武庫之荘駅に神戸外反母趾センターを開業。 全国的で10人にも満たない手技のみで痛みや形を整える兵庫で唯一の外反母趾治療家。外反母趾、巻き爪、足底筋膜炎などの足のエキスパート。 松坂世代で、甲子園べスト16になった時の愛媛県今治西高校のエース。

住所

〒661-0035
兵庫県尼崎市武庫之荘1丁目7-14-101

交通
阪急武庫之荘駅
TEL

06-6433-0022

受付時間 日・祝
10:00~14:00 ×
16:30~21:00 × ×
06-6433-0022
定休日
水曜日午後・日曜日